「2.5次元の世界」

今日はペンタブのペンをうちに忘れて練習できない。それより昨晩の突発的な冷え込みでついに風邪をひいたようで、喉痛で眠れず非常にだるい。こんなヤワで大丈夫だろうか体。久しぶりに走ろうと思ったけど、変なダメージが残ると今はよくないのでやめといた。運動しないと異常食欲が湧く怪奇体質なので悪循環。いや、ほとんど習慣病です。

工人舎パソコンはやっぱりちょっと変な動きをすることがあって、IMEの変換が勝手に設定変更されたり携帯ネット接続ソフトがうまく動かなかったりメーラーの初期設定がクリアされたり、まーたぶんメモリとかCPUとかそのへんの弱体のせいで複数jobを動かしているとどこかが機能不全に陥るその痕跡、といったところなんだと思うけど。コノ値段でこのくらい動けば十分。外国人もけっこう注目してますねえ。一番安い端末で十分だと思う、タッチパネルは魅力だけど用途によるしテレビは使う人しか使わないでしょう。私は携帯がワンセグ対応なのでむしろ切り離して見られるから不要だ(環境的に保存したり加工してどこかにアップしたりということはできないし)。

ああ、それにしてもこの体調なんとかしないとなあ。今日は天気がいい。天気で体調は変わる。もうちょっとoff状態を続けたら、復活するかな。

久しぶりに覗いたオカルトサイトに影のような「子供」の写真が載っていた。姿がはっきりしない人影。アバウトのパラノーマルブログで以前から「シャドウ・ピープル」という概念が提唱されている。トンデモ本で有名なフェノメナなんかで示唆されていた「影の世界」の住民が「こっちの世界」と行き来している、という話だ。幽霊や妖精やUMAやUFOなんか全部、現実世界と重なって存在する(互いに、もしくは一方的に)見えない世界から来て、また去っていく存在である。こちらの世界の法則は通用せず、距離も時間も関係が無い。「向こう」の法則に従っているから、こちらの法則じゃ理解できない消え方もする。フラップと呼ばれる集中目撃が起こっても、何のきっかけも理由も無く完全に消滅し二度と現れなくなる。リザードマンもジャージーデビルもモスマンもそうだった。。

私は幼少期に「五次元の恐怖!!」とかいろいろな変なオカルト知識を植えつけられたときに、ひょっとするとあの、ときどき現れる「姿」はそういう次元の違う世界からやってくるのかもしれない、と思っていた。彼らはえてして立体感がなく、肌触りもあいまいで、空気の濃さとか光の屈折とか、そういった曖昧なものとして認識された。小学校のころ、「2.5次元」がある、という作文を書いたことがある。3次元に満たない不完全な、現実と重なっている世界。こちらの世界の住民が深層心理に抱くもやっとしたものが、向こうの世界とシンクロしたときに、「召喚」が起こる等々。ユングなんかを漫画で読み齧ったせいもあるけど、心・・・それは集団的無意識であるかもしれない・・・か脳の解明されない部分に、相互の世界の扉がある、なんてのは手塚先生の恐怖漫画の影響が大きい。学校の先生にガン無視されたけど、今思うとアバウトの「影の世界説」と同じことを考えていたんだな。シャドウ・ピープルの説はもっとSF的で、双方の世界の重なり方が完全ではないので、互いに不完全な姿にしか見えなかったり、意思の疎通などできることが限られていたりする、というかんじのようだが。

並行宇宙の考え方に近い。時間の概念がずれている、なんてなかなか面白い空想を広げさせてくれる。コンピュータが普及した今なら理解しやすいだろうけど、こちらの一直線に進む時間が向こうの世界では分解され違う法則にしたがって並んでいたりする可能性がある。一見因果説が成り立たない。こちらの時間軸で見ると、先に結論が来て、過程が後にえんえんと続くのが向こうの世界であるかもしれない。こちらの世界で言う予言なんて、向こうの世界から何らかの手段で拾ったものにすぎない。アカシックレコードは20世紀初頭のオカルト主義者の概念だが、向こうの世界があれば記録の必要は無い。膨大な記憶が最初にあって、それを一つ一つ失っていく世界。

b0116271_11435422.jpg


以上は頭の遊び、幻想である。私は心底こういうことを信じているわけではないし、むしろ否定的だ。ものごとに真理はやはりひとつであり、一見別の理にかなっているように見えても、辛抱強く紐解けば誤解であることだらけだと思う。今のところ真理は科学という名のもとに多くが集まっている。

ただ、幻想は思考の娯楽である。大人には許されてしかるべき娯楽だ。これがなければ世界は至極つまらない。なぜ嘘の書かれた小説を皆が楽しむ?虚偽の事実の描かれた映画を見に行く?ひょっとしたらこちらが真理で現実であるかもしれないという思考のスリル、オカルトというのはそういう楽しみ方をする。

ま、そもそもオカルトって呼び方がおかしい、ということもずっと前にどっかで書いたけど、今やオカルトと書いたほうが話しが通りやすいのでそうしておく。英語でも混乱してるしね。

脳を動かしたらちょっと体調がアガった気がします。
Commented by kenz_freetibet at 2008-05-21 16:36
工人舎って生産能力はそんなにないのかな。
ある程度在庫が穿けたらもうおしまいって機種もあるしなぁ。
そう言う事やられると後々のサポートが気になる。
少量多機種生産なのかな。
Commented by 岡林 at 2008-05-21 17:38 x
サポート体制は売れ方にまったく追い付いてないみたいですよ。半端な値付けの上位機種より最低価格の機種を用途限定で購入したほうが無難です。
by r_o_k | 2008-05-21 11:44 | 不思議 | Comments(2)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30