ひぐらしが鳴いたらいろいろ起こったらしい

こーいう宣伝は定番ですな。世界最古の例は前に書いた「東海道四谷怪談」でしょう。
元ネタのゲームやら同人やらに興味はないのでそこは看過します。映画も・・・

やっぱり?映画『ひぐらしのなく頃に』に、見えるはずのないものが映ってる!(シネマトゥデイ)

>撮影中にはホラー作品につきものの怖い出来事もあったそうで

憑き物だけに「つきもの」・・・じゃなくて、「お約束」だと認めてるんですねえ。

箇条書きにしてみよう。

・飛鳥「撮影中、わたしにだけ男の人の怒鳴り声が耳元で聞こえて、NGを出しちゃったんですよね……」

これは演劇や映画の世界ではよくある話。幻聴説が濃厚。まじめな俳優である証拠。

・及川監督「誰にも言ってなかったんですけど、圭一くん(前田の役名)のシーンに、見えるはずのない怪しいものが映ってるんです。3回ぐらい観てもらえればわかると思うんですけど……」

3回も観るんかーい(貴族のお漫才)

人気カルトゲームがオカルト映画に!「ひぐらしのなく頃に」(eiga.com)にも同じ話が掲載されています。

ひぐらしって寂しさと懐かしさを感じさせる。当の蝉はメスをこまそうとしてるだけだけど。

b0116271_2057126.jpg

Commented by dr-enkaizan at 2008-05-08 01:56
毎度です、なんか地震ですがコメント続行
件の映画・・・ひぐらし信者もすこし見放している原作レイプな暗黒歴史決定と見られています・・やはり一般のアピールはしずらいようで・・そこへ来ましたか(笑)。

因みに、ひぐらしでは「かなかな」とくれば・・・ヒロインのひとりで、外見とうらはな最強の強さと怖さろ誇る・・・竜宮レナの口調で、語尾にかな?かな?とつけるものがあり、この作品のキャラのフェッシュナ拘りを表しています。

さてこちらも康代さんシリーズに動きがありそうです。
Commented by 岡林 at 2008-05-08 12:07 x
どうもです。この作品みたいに草の根からメディアミックスな発展をとげたものは、後から入りづらいしどこからとりつけばいいものかわけがわからないというのが正直な感覚で。。はなから異常な論争を呼びがちな複合構造のところ、実写映画、しかもかなりニッチというかアキバを狙って作られたものであるらしい、批判やむなしな安直さは感じますし映画として厭な下心が臭います。

かな?、という語尾をくすぐりに使うというのはいかにもインディーズぽい発想ですねーw
by r_o_k | 2008-05-07 20:57 | 不思議 | Comments(2)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30