スピリチュアルは叩かれて育つ

http://www.j-cast.com/2008/02/10016502.html

――ところで、オウム真理教事件でスピリチュアル番組を自粛したテレビ局が、反省なく再び自粛前に回帰しているように見えますが。
大槻 当時は、テレビ局は反省の声明を出したんですよ。その中で、一番素晴らしいことを述べたのは、(オーラの泉の)テレビ朝日。宜保を抱えていた日本テレビは、とても消極的でした。今は逆転して、当時のオカルトテレビ局は下火になっています。しかし、霊能者から見向きもされなかったテレ朝や(27時間テレビの)フジが、霊能番組で大もうけしています。彼らは、声明に反したことをやっているんですよ。


~えーと。プレステージってテレ朝じゃなかったっけ?大槻先生に好意的だったTVタックル(現、年末たけしの超常現象スペシャル)もなんだかんだ言って風潮を煽ってた。朝日系はそもそも売れれば何でもやる、いくらでも出すスタンスで有名だったしね。記憶違いも否定派には命取り、気をつけないと。

オカ復権について語るなら、2000年前後の世紀末オカブーム(あれ?フェイクオカで物議醸した「これマジ!?」てテレ朝だったよね)前にすら既にちらほら言われていたのだから(あれ?Xファイル日本語版とか「Q99」ってテレ朝だったよね)、スピリチュアル派の周到なやり方の醸される素地がそのへんにあったことを念頭に、オウムショックの反動を語りなさいな。宗教がかった攻勢を数年前から仕掛けてきていて、FBI超能力捜査官にかわる超能力者としてあがってきたジュセリーノ氏がイマは要注意。みんな叩きから学んで大きくなってきている。

ちなみに昔から霊視のイメージがあるフジは確かにオウムでいくつかのオカルトスペシャルシリーズを終わらせたけど、単発や季節ものとしては持続させていた。ど~なってるの?の霊視スペシャルから生えぬいたのがえはらさんだという感じがするんですが。そもそもアンビリはオウム後のオカシリーズ番組としては初ではなかったかなあ。いろいろあってネタもなくて今はほとんどやらないけど。宇宙人解剖フェイクビデオで三回の特集と関連商売含めそうとう儲けたのもフジだったよね。

蚊帳の外だったのはTBSとテレ東。前者はUSO!?でオカに噛んだけどややフェイクぽく扱い、後者は単発企画のみ。ジュセリーノ番組を明日ぶつけてくるけど、こんな後乗り感ある企画がほとんどかな。番組企画としての都市伝説は、ハズミのブームなのでテレ東の仕掛けたもんとは言えない。
Commented by wither108 at 2008-02-11 23:00
まぁ育たなくてもいいなとは思うけどねぇ。
Commented by 岡林 at 2008-02-12 00:02 x
手口が巧妙になったがために何でも疑われるようになり、グレーな人(ぎぼさんも姓名判断や出版などに手を伸ばすまではグレーだったと思うのです)も真っ黒認定されてしまうのも厭です。
by r_o_k | 2008-02-11 16:01 | 不思議 | Comments(2)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30