牛を喰った話

つかインドてこんなんばっか・・・釈迦少年はどこいったんだろ。週一ペースの更新にするといいながらかなり更新頻度がある東京福袋。のってるなあ。

インドの牛を喰う木
 10月18日、インドはカルナータカ州、Uppinangadiの森林地帯にあるPadrameの住人たちが、牛を捕まえて喰う植物を目撃した。報告によればAnand Gowdaさん所有の牛が森の中で草を食べていたところ、突然枝がのびてきて牛を捕らえ地面から持ち上げたという。
(中略)森林警備隊のSubramanya Raoさんによればこの木は現地で「ピリ・マラ(虎の樹)」と呼ばれているという。(Newindpress.com)

むかし少年マガジンとかこんなノリだったような・・・中岡俊哉さんの本ってこんな話ばっかだったような・・・インディ・ジョーンズかよ。X51はすっかり過去の遺産となりつつあるのに、いいなあここは。あっうちのサイトも停まってるな・・・別にいいか。しょうじき最近あまりいいパラノーマルニュースがないんですよ。相変わらず北米は獣人話ばっかだし(ほぼ獣人な人間が山ほどいる国だからわからんじゃん・・・「スカンクエイプ」ってものすっごい臭っさい獣人がいるらしいけど、あきらかに「臭い人」だろと思った・・・叫ぶ獣人の声とかあるけど、あきらかに「叫ぶ人」だと思った。ホームレスのことを余り悪く言いたくないが、アメリカならあるよなあと・・・)。UFOはみんなトライアングルだし、幽霊は8割オーブだし。


資生堂segretaのCMソングがケイコ・リーと交替したorzスウィングアウトシスターの明日はどっちだ。相変わらずブレイクアウトは違う人に歌い継がれてるけど。まあ若き名曲だわなあ。屈託無いし。
Commented by wither108 at 2007-10-26 06:18
プロレスラーや相撲取りは焼肉屋では牛○頭と注文するそうな。

それはそうとどうも毎日見ている夢の正体がなんとなく分かって来た。
昨日はアンチテーゼと言う言葉が出てきた。
それと精神病。
内容が知りたいよねぇ。
時代は戦中だ。
第二次大戦中。
アンチテーゼと言う言葉を使い反戦活動をするもの。
精神病を患っていると言って兵役を逃れるもの。
そう言う人達が集まっているところに俺はいた。
夢の正体は大勢の人達の残留思念か。
夢は記憶のアトランダムの再生と思っていたが、それもあるだろうが、昨日の夢はそうではない。
俺は今までアンチテーゼなんて言葉なんて使った事も、そしてここ何年もそんな言葉は聞いた事もなかった。
メッセージを伝えようとしているのか。
それとも自分たちの経験を伝えようとしているのか。
何やらそんな場所に俺は寝ているようだなぁ。
Commented by 岡林リョウ at 2007-10-26 08:20 x
重いですね。。戦争は今だにPTSDを抱えた大量の人をのこし、身近にもそういう人がいます。戦争はダメです。せめて民間人を巻き込んではいけない。
by r_o_k | 2007-10-25 22:50 | 不思議 | Comments(2)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31