ゲンダイ都市伝説の信憑性?

ハローバイバイ関ことセキルバーグのせいで何故か変にブームになっている「都市伝説」。本来の民俗学(社会学?)用語からは離れ、「誰が言い出したのかわからないが、巷でまことしやかに噂される」「信じるか信じないかはあなた次第」といった先人の紋切り口で再話されるこれら、オリジナルを知らない世代が食いつくんだろうな。あと、すっかり興味を失って最新情報に疎くなった親世代のオカルトファンもか。朝あげた記事は最新情報ということで、連投スマソ。

ttp://news.livedoor.com/article/detail/3160642/
元記事はゲンダイらしい。東スポはバックにきちんとプロのライターさんがついて「演出」してるけど、ゲンダイはあまりこの世界に通じていない人の寄せ集めっぽい記事でまとめている。

1.「都内某所のペットショップでは、羊を犬だと偽って客に売りつけている店があるらしい」

はい、これ、イギリスで話題になり東京福袋が食いついたネタですね。日本人はあまり羊に馴染みがないので、仔羊を売り付けられても気が付かない、などとニュースにまで書かれて識者の失笑を買った笑い話だ。これを日本のペットショップ店員の話としているのがふしぎ。イギリス人の東洋人への偏見と妄想がよくあらわれているなあ、と思って見ていた噺なんですが。もちろん元ネタあり(ペット用動物の子供と偽ってドブネズミの成体を売り付けた、だったか)、日本ではなく老人もしくは若者の無知をヤユしたようなものだったが、詳細は忘れた。米国の元祖都市伝説本にもあったような。ゴキブリをカブトムシと思い込んで育てる子の話も有名だが、いずれ古い話です。

2.「元風俗嬢の社員は、最初は人事や総務など目立たない部署で働きますが、やがてロシアや中東といった開発地の支社での勤務を命じられます。そこでは通常業務には従事せず、現地の大地主や有力者の“接待係”として働くのが任務です」

古いネタ。。というか、この記事で食いつく人がいると思ってるんだろうか。たぶん、米国で今更食いつかれている慰安婦問題とかそのへんの国民意識の関連性を暗喩してるんだろうな。007映画やバイオレンス劇画の影響にしてもいささか古すぎる。レベル低。都市伝説というか、風説噂話というものはたいてい、偏見揶揄の意識が生み出した憶測に立脚しているものである。ネットなんて有象無象の脳汁が染み出してきたようなものが多いからねえ。

3.「ボクの友人が言うには、ある工場を見学した際、隅に黒っぽいネズミのような動物の死骸(しがい)が山と積まれていたのを見たというのです。担当者に“あれは何?”と尋ねても、まともに答えてくれなかったそうです」

この証言だけで何故ネズミでハムを造っている証拠となるのか?古い工場でのネズミ駆除直後の話ともとれる。動物や虫が食品に混入したニュースはそれほど新しいものではないが、このての風説はワンクッション置いたころに再燃するようにして現れる。

筋的には、いわゆるマクドナルドの猫肉騒動の影響下にある陳腐な誹謗ですね。背景に、食用ネズミ(一部地域で繁殖している巨大げっ歯類カピバラももとは食用だったらしいね)にかんするネットのバズの存在がある。食用大ネズミと書くと文字面気持ち悪く感じることからやたらと喧伝された噺(最近ではベトナムかなんかでマクドナルドの肉が足りないので食用大ネズミを使うとなったが本国からストップがかかったので断念、という結構本当っぽいニュースが出ていた)、これもネットならではだ。じっさいには食用になるくらいのネズミというのは「専用」であり、「ほぼ」衛生的で、見た目もネズミネズミしたものとは限らない(ドブネズミっぽいのもいるみたいなので否定はしない)。ペット用ミニブタと食用金華豚が違うのと同じようなもん。犬肉の話と似たようなもの。

この記事の悪いところは蛇足のようにして補強している胡散臭い情報のほうかもね。「畸形魚を出している寿司屋」なんていかにもアメリカ人の好みそうな誹謗風説だ。
by r_o_k | 2007-05-17 08:31 | 不思議 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31