2007/4/16-23 多良間島、伊良部島、宮古島、八重干瀬、大神島(写真追加、ミクシィ日記より)

b0116271_16123166.jpg
ちょっと情報少ないのはもともとのミクシィ日記が仲間への報告だけであるばかりか、個人情報に触れるものもあって削りましたし、あとはFlickrがあるということで。10年前だから顔出ししてもわからないんですけどね。いちおう。このときと今ですら、全体の雰囲気はまだまだ離島だったところから全域リゾートに変貌し、売ってるもの一つとってみても違います。ファミマがありますから。伊良部島は当然離島の頃です。静かでリゾートも少ない。大神島は西側舗装道路の先がまだ台風で破壊されてなかった。
※※※
2007/4/16
多良間島へやってきた。 
b0116271_10435674.jpg
飛行機三機乗り継いで、一日がかりで旅気分。いや、しょうじき晴れと聞いてたのに完全に曇りでへこんだ。日程上敢えて天気悪い日を移動や陸上行動にあててたので予定どおりちゃあそうなのだが銭金であれだけ晴れてたのに、さすが曇り男なおれ。世界的な天候不順なのだ。今星出てるけど寀晴れなさい。明日眛泙蠅世箸機

17
b0116271_11025986.jpg
今日は天気が思わしくなかったが、陸上ミステリー主義な旅程になったのでちょうどよかったかも。墓場で何度も迷ったせいで時間が遅くなり、思ったより距離ある周回道路を大急ぎで廻ったが、海に入れる状況じゃなかったので(寒!)むしろちょうどいい時間割りになった。いや、そーいう旅をする島じゃないんだけどね。
墓がすごいです。琉球からきた横穴式墓(その前はアルバムにあげたような儒教墓にくりそつの石積みによる箱型の小さなものだったみたい、但しこの墓とて本土でいう江戸時代以降に改葬はされていると思う。霊柩車がわりに使われる木製龕を石で模したのだろう)が変容して、異様に大きく山肌を削って凹地を作りそこに降りる階段と、地表より低い前庭、巨大な石門(その上辺も地表より低い)、さらに奥壁に琉球に似た龕があり穴がうがたれている。これらは近世に完成したものらしく昭和のものもある。新しいからいろんな変形があり、いずれも木々に覆われ神秘的。神秘的すぎて同じところをぐるぐる廻るはめになった。体調崩したし、なかなか強い雰囲気ある本島より南国的な異様をほこる墓場でした。腹こわしたが、ストッパでなおった。あと井戸もかなり独特で、キーホルダーのライトがなければ地底の水場にたどりつけなかった。。カルスト地形なのだ。
b0116271_10460380.jpg

銭金でやってた洞窟海岸みっけ。けっこうおもしろい形状の、テレビで見えた以上に大きな海食洞窟で、アカギ(鼻がとがったやつのことじゃない)の水木サン好きそうな凸凹幹みたいなコブだらけの岩床が、そのまま洞窟出口の海まで落ち込んでいる。
b0116271_11033354.jpg
あしたの飛行機はとぶのか?

18
b0116271_10463840.jpg
b0116271_10470762.jpg
しかしおれはどんだけ食うんだ。。けっこうたくさんな夕飯で大盛りごはん2杯のあと菓子コロン食って、多良間特産花びんぴん(揚げたプレッツエル、ほとんど味ないがヘルシークラッカー※今は宮古島平良でも作ってます)、さらにこれはやわこい瓦せんべいみたいで味はクッキーのうーやきがーす、この焼き菓子ぽい揚げ菓子がめっさうまくて感動。今朝はさらに多かったのにプラス飯大盛り三杯。たいてい離島ではむちゃくちゃ漕いで泳ぐのでかくじつに痩せるのに、頬はこけても腹は出た・・ 星空さへ見えていたそのあとひとばん嵐。けさは嵐がすごく、船はすでに欠航。船体が小さいんだな。波はあるから。 

しかしRACは宮古さえ着陸できればぜったい飛ぶという。今のところ二十分遅れだが、七時半まで大嵐だったのに八時には明るく晴れ間も。よかりたあき。とおもたらまた嵐(泣 

ゆっくり支度すべ。腹苦しい。 

、、、
b0116271_10473877.jpg

台湾のグアバジュースてじゃりじゃりしてる。。

ミクシチェックだけで一時間かかった、、アルバムはあとであげます。足しか海浸かってないのに体中砂まみれだよ。砂吹雪て体感したのはじめてだ。砂浜の近い家には住みたくないなあ。

19
伊良部島。
b0116271_10480796.jpg

ディスカバリーチャンネルが入ってる時点でホテルとしては五つ星。※検索一番で出るとこ。今や定宿です。朝のテレビ小説にも出ました。エレベーターのないのが難点。

フィン破壊頭流血膝強打、失敗したりしたけれどわたしは元気です。

アルバムは暇なときにまとめて上げよう。休暇なのに暇なときて。

ぜんぶ別々のことですが(;^_^Aフィンは安物だったので壊れました、準海中洞窟の奥で。。頭は洞窟入り口の天井で打ちました。。膝はたんに柱にぶつけました。。ああ、もうなんもしたくない。。でも八時には出ないと船&バスにまにあわない・・・

20
b0116271_10484456.jpg
b0116271_10491419.jpg
b0116271_10494554.jpg
夕飯くいました。ねる。

21
b0116271_10512452.jpg
b0116271_10515470.jpg
b0116271_10522560.jpg
大神島。
やはりあまり観光化してはいけないところだ。民俗的にも貴重なガラパゴスなんでしょう。晴れたら小浜島の遠見台くらい360度すごい景色だろうなあ。伊江島の城山に赤土(第三紀沖積層、対岸にもある土の崖から鯨の化石がみつかり天然記念物となった。宮古は珊瑚島と誤解する人もいるみたいだけど隆起珊瑚礁だけじゃなく地層がみられるだけの火山性の部分もあるようです、島尻と大神は同じ土でできている・地質的にも大神島は宮古島の生みの親かもしれない)の隆起土壌と木々を加えたかんじ。伊江島ということで今日が何の日かわかるでしょうか。わかんなくても、もういいのかなあ。ところでいくらなんでも選挙行けないよ。いま目の前で車椅子を押されて投票にいくおじいがいた。意識が違うよね。バスあと一時間か。沖縄ポッカはなんか気合い入ってるなあ。ニイニイ蝉って小さ!草蝉はほとんど別の虫ですな。
b0116271_10525419.jpg
22
b0116271_10532548.jpg
b0116271_10535526.jpg
宮古島。
アスリート祭が終わり近く
ようするにいちいち乗り物の乗り継ぎに時間が余ってるんです連投のわけは。しかしどこ行っても取材ですかとか研究ですかとかカメラマンですかとかきかれる。一緒にすんなー!「なんとなく来ただけ」だ! 

トライアスロンは一着が三時過ぎたとか。あれ、去年は二時台だったような・・・今日はアスリートにはとてもいいコンディションだった(つまり曇って涼しかった)のに。でもねえ、朝7時半からえんえんと走って泳いで漕いでるんだよ、すげー。いやーまだまだ町はランナーの汗(路面に汗の轍が。。)でむんむんしているので空港に逃げてきました、町は店とかやってないし。九時半のフィナーレあとにいっせいに店がひらき酒祭りになるらしいが、明日うるさい町に帰るのに今日うるさくしたくないぉ。 

ぉ、て。

23
b0116271_10545810.jpg

うううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう



潮騒が凪いだのでバルコニーに出たら波うつ黒い海、まだTシャツじゃあ少し寒い風は湿気をはらみ、なぜか今晩にかぎって黄砂は消えて、夢みるように群雲がなびく先には一面の星があああああああ

か、かえりたくねえ、、、




おれ、仕事なんだっけ







どこ在住だったっけ

、、、
b0116271_10552952.jpg
b0116271_10560039.jpg

こんなかっこ(※掲載自粛)して朝から島爆走してると「昨日はどうでしたー?毎年出てるの?」などときかれるのだが、 

つらいことはやらない主義だ! 


で、片道45分かかるところ迷いながらも20分でいってきた。ママチャリ辛!昨日この風景だったらスイム映り映えしたんだろうなあ。もちろん泳ぐほうはたいへん。 

午前中でへたばって午後は観光遊覧船に切り替えた。 
まだ観光するのか俺
b0116271_10563373.jpg
このへんはでかい亀が多いとあとで知った。中では小さいものだろう。
b0116271_10574671.jpg
、、、
東京は狂ってる。

車内吊りの文字を見ても疲れた乗客の顔を見てもみんな歪んでいる。

表面だけ明るく清潔ななりをして。

おしまい

明日には俺もその一人。

by r_o_k | 2017-09-14 11:30 | 旅行 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31