【2017/9/4-9】宮古島・大神島・伊良部島・八重干瀬サンゴしんぱい洞窟こわいツアー【ただのリゾート】写真追加

b0116271_11373837.jpg
翌週50年に一度の雨台風が来るとは知る由もなく。。
遊んできました。
<1日目>

雲の上に出たけどだいぶ風強いみたいだな飛行機が小さいのもあるけどposted at 12:23:27 削除

雷雲を避けながら飛んでるとか揺れるわけだ。こんな遅い時間なのに羽田混雑で遅れるって、シーズンがどんどん後ろにずれてくなあ。。posted at 13:19:28 
機上Wi-Fiが無制限タダになったのでラクだ。速度も安定してるし。posted at 13:21:08

フリーWi-Fi那覇空港、信頼できないと各アプリが拒否るようになってるので切る。docomoのWi-Fiスポットも繋がらないし、まー、大容量のプランにしといてよかった。posted at 14:51:41
6機も待ち行列できてると聞いて機内で爆睡してたら機内Wi-Fi使うまでもなくあと15分で着きそうでござるposted at 16:06:06 

体調が回復した。気温が低すぎるんだよ東京!!posted at 19:51:04 
<2日目>
八重干瀬の北西端まで行きました。本来水深の深い場所にいる、青いナンヨウハギの根まで。他の魚は遠くにサメなどくらいでしたが、大潮の干潮で凪いでおり先までいけたのはラッキーでした。八重干瀬以外の珊瑚がそうとうにやられており、八重干瀬へ来ている船もかなり増えていますが、あそこまでは行かない模様。
b0116271_12490021.jpg

ロウニンアジかと思ったが写真を確かめてみたらイラブーだった。なぜいつもまちがえる。posted at 20:46:46 

白化減少⇒白化現象
<3日目>

伊良部島青の洞窟と東岸シュノーケル・カヤック(ほとんど珊瑚は死滅)
b0116271_12234656.jpg

港のすぐ脇の断崖下にあり、主に水中が青の光だけを通して光ります。入口は大小2つあり、中はわりと細いですし奥もそれほどありませんが、狭くはないですね。 三体仏像洞窟(自然鍾乳石が小さな三体仏像のように載っており、下にはひんぷんのような壁まである)
b0116271_12274623.jpg
b0116271_12283213.jpg
b0116271_12295333.jpg

崩落大洞窟、このあたりは昔、何か海のことに利用され、今は信仰の場所にもなっている
b0116271_12323573.jpg

大洞窟:余裕で一団が野営できそうな洞窟で、入り口から前左には伸びてはいないが、右手に伸びている。しかしこの右手は龍神の御嶽で撮影含め立入禁止。洞窟はあとで出てくる保良川の鍾乳洞にしても古くからの信仰の場所として撮影もむやみな行動も禁止される。ただ、ここは床が紫色だったり、戦争の痕跡があったり人工的な感じもする。戦後に漁師が番小屋代わりに使った可能性はあるだろう。龍穴脇の壁より真水が落ち、パワスポ扱いできそうだ。そのため水は極めて透明度が高い。真水と混ざりあっている。ここではカメラが突然壊れたので良い写真がないのは残念。
b0116271_12383036.jpg
b0116271_12394636.jpg
b0116271_12401504.jpg
b0116271_12404046.jpg
b0116271_12412805.jpg
:龍穴
b0116271_12423355.jpg

カヤックは三体地蔵型鍾乳石のある洞窟、大崩落洞窟、メインの巨大洞窟(ここに入る前に突然カメラのレンズが曇り挙句電池が切れたので良い写真がない、右手方向に真っ暗な支洞があり龍神御嶽として侵入・撮影等禁止、洞窟本体(サバニなら十艘は入れるのでは)も壁から滴る真水は祝女が体を清める、飲むと体にいい等の神秘的なもの。真水がまざった透明度の凄い水が入り込んでいるところに、戦争の遺物らしきものが岸・海底と二つ暗黙のもと赤さびている。けっこうあるらしく崩落洞窟も爆発が理由かもしれない)をめぐり座礁船を遠目に曳航帰還

沖縄の八割の珊瑚が駄目になったという話もあながち大げさではないかもなあというかんじでしたが、枯れた珊瑚には藻がつくので魚がたくさんたかるし(イソギンチャクは枯れるのでクマノミは減る)やっぱりピーカンで透明度あると枯木も枯木に見えない 晴れ最強(生きてる種類もいました)posted at 16:59:56 

明後日唯一の地上の日、最初は遺跡めぐりを考えていたが頭皮が紫色にめくり上がるので大神島再訪を考えている でも直前でもガイドお願いできるのかなあ(前はほとんど観光客が行かなくて不審そうな目にさらされてさっさと戻った)posted at 22:19:38 

こんな連日晴れの南西諸島は初だposted at 22:58:44

岡林リョウ@ryookabayashi昨年水温34度じゃあ、温水プールより高い。珊瑚死ぬわ。かわりに高知に珊瑚礁出現だわ。白化状態は僅かしかもたない、すぐ死ぬと聞いたが昨夏のはての浜(中の浜)裏の根は様々な珊瑚が褐虫藻抜けた状態で花を咲かせていた、あれもすぐだめになったのか?うーむ。。今年は颱風が島を避けてる。。posted at 23:38:49 削除
自然の中に社会が生まれ営みの中に世間話が生まれる 自然な流れの中にあるそれらを恣意的に抜粋凝縮した書籍をもって、わかったような気になることは避けたいものだ、と主に怪談について思ってきたが、怪談自体が大きな土地の空気の中に希釈され消えてしまう感覚がして、どんどん興味が失せていく…posted at 23:50:02

真夜中にパブで騒いでる声がきこえると変わってないなとあんしんするposted at 01:10:40
だめだ、叫び始めた この前に寝るべきだったうるさいposted at 01:18:52
<4日目>
ふだんの運動不足が祟るなあ。運動不足って日本三大祟り神に含めてもいい。posted at 07:34:32
<5日目>

雨に降られて心細い水中素足(干潮なので大神島一周した)posted at 15:15:12
結局海賊(伊良部もそうだがキッドじゃなくて倭寇なんでしょう)の宝物洞窟なんてどこなんかわからんほどガレ方がひどく、埋まったら半年見つからなそうな怖さposted at 15:17:05

朱いシオマネキと蒼いシオマネキと赤い腕で蒼いシオマネキ、どれがいい〜(海の便所の怪談)posted at 15:18:24 

陸上捕食するウツボや腕を出し這いずるナマコ、毛だらけ過ぎて写真を見ても何だかわからないたぐいのモクズガニ系、干潟の生き物はそんなものです。posted at 15:20:40 
※ンマリガー:島尻パーントゥの出現する井戸(産まれ井戸)。立入禁止だが実際上立入れない。藪で裏の遊歩道すら入るのは困難。
今朝スプリンクラーをハトと共にまともに喰らったが、スプリンクラーも制限されるらしいし、スプリンクラーのない畑はさらにたいへんだと。どっから水持ってくるんだと。posted at 23:01:04 
シュノーケリングなんて日が陰ってからTシャツ水着に軍手だったのに、今は長袖ラッシュガード下手したらウエットに海手袋(これが浮くので無くすんだ、、沈めばわかるのに)。熱に弱い枝状の珊瑚が壊滅し、ビーチシュノーケルができなくなったから外海いくせいか。。posted at 23:11:50
<最終日>
ついに昨日の一回のスコール以外晴れで終わるなあ。今日も宮古島は一日☀の予報。posted at 07:45:44 
エンダーのポイント集まったのに交換忘れた(どんだけ行ったんだ)posted at 18:34:30 
飛行機からだと四枚の写真をツイートするのはNGということがわかった。posted at 20:06:56
いろいろ避けながら飛んでるらしくいま松山。posted at 20:09:29 

by r_o_k | 2017-09-14 11:38 | 旅行 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31