2015/5GW 広島、岩国と呉のたび。(モージャー氏写真について追記、厳島神社大鳥居の白木時代について追記、金水旅館絵葉書追加)

フェイスブックとFlickrに書いていってしまったので、まとまった記事にしづらくなってしまいました。そのうちアニメーション映画「この世界の片隅に」がえらく跳ねてますます書きづらくなりました。
宮島は今も昔も外国人観光客のメッカで、うまいこと軍事的な施設から目をそらすような場所に大きく鎮座ましましてます。広島や呉の土産絵葉書もあるにはありますが、とくに呉なんて軍事施設を写せないので下士官集会所とかどこが面白いんだかわからない写真ばかり。数も少ない。対して宮島、厳島神社といったら!戦前から現在までほとんど変わってないのもあって、なんか写真見てもふーんとしか思わないんですが、古代巨石文明だそうなので、ご興味あればムーをどぞ。(ここには書かないんかい!)

まずはそういった戦前写真と少し現在の風景の対比を載せてから、旅の記録をフェイスブックから転載します。それ以外にもFlickrにはたくさん載せてありますので。前半は必然的に広島市(原爆遺跡)の写真中心になりますね。まず、

産業奨励館(旧称商品陳列館など、原爆ドーム。屋根は銅葺でドーム部は当初赤銅色、すぐに緑青で緑色になった(証言および土産絵葉書より。ただどうもこれら白黒写真はいずれもドーム部の色の濃さからいってすぐ明るい緑青になっていたとは思えない、詳しい方に聞いてくだされ。ちなみに1940年の写真とされるものには白っぽくなったドームが写っており、同様の写真も、復元像も作られているから、緑青化は確かな模様)。参考にニコライ堂(東京)の緑青ドーム付き昭和初期修復建築写真)
b0116271_11465226.jpg
b0116271_19123510.jpg
商工会議所(旧館)は相生橋東詰に見える建物です。ドームの隣に三角屋根の旧館、コンクリの新館と続き、新館は日赤が今もしようしています。旧館は消滅。
b0116271_11520483.jpg
b0116271_18340355.jpg
参考)ニコライ堂(緑のドームに白い壁):
b0116271_23173546.jpg
(参考)モージャー氏撮影「墓場の迫る原爆ドーム」について
2017年9月より公開された国会図書館寄贈カラー写真(1946-47/1)について、原爆被害者のお墓が原爆ドームのそばまで広がっていたというような感想がつぶやかれていました。モージャー氏は南側と南東側より撮影しておりその後者が当該写真にあたります。(瓦礫写真に原爆ドームのものも含まれているかもしれませんが判別はつきません、南側の写真からそのまま川べりに出て相生橋をのぞむ写真が二枚ありますので参考)
b0116271_23571028.jpeg
b0116271_00014838.jpeg
b0116271_00020704.jpeg
ドームから先は日赤のみ残っています(手前の商工会議所旧館は跡形もない)。ドームの入り口前の写真も角度はほぼ同じですね。
以下が墓場の写真。
b0116271_16075099.jpg


これは現在地に残る二つのお寺のうち、よりドーム裏に面した西蓮寺の墓地である可能性が高いです。もともとは平和記念公園内までが敷地だったと思われます。被爆地蔵尊で知られる今は小さなお寺ですが、その下に被爆直後の現場写真が貼られており、古地図どおり原爆ドーム裏は寺に面し、それは墓地であったのです。戦後しばらくたってのことであり新しく墓石が建てられていることはあるでしょうが、増殖したとかいきなり墓地が出現したわけではありません。古地図どおり不動尊を併設したお寺であったことが、この写真左中央の標柱から読み取れるでしょう。「不動尊霊場 西蓮寺」とはっきり書かれています。この右のほうに被爆地蔵も写っています。真上から被爆し表面が上だけ荒れておられます。(地図リンクは重くなるためキャプ貼りすいません。地図上の地蔵尊が現在の西蓮寺の西面になります(地図上の表記からすると角一角がすべて西蓮寺の持ち物のようですね))。
b0116271_17141251.png



広島城 ※天守閣は戦後再建
b0116271_11530061.jpg
b0116271_15265433.jpg

b0116271_12115233.jpg
b0116271_12125583.jpg
広い堀はすべて蓮に覆われていたが、すべて焼失し現在に至る。
b0116271_20330232.jpg

路上標識から
b0116271_12141345.jpg
b0116271_12145376.jpg
燃料会館(現在のレストハウス、最終的な生存者は地下の一名のみだった)
b0116271_12151172.jpg
爆心地(島病院直上(病院は現在も存在)、この位置からは鳥居は元は見えなかったはず)
b0116271_12152890.jpg
翻って広島城内、司令部地下通信室(学徒動員中の比治山高等女学校生の一人がここに残っていた軍事用回線を使って通信したのが原爆被爆第一報と言われている)
b0116271_12160087.jpg
天守閣をはじめとする建物全てと高い木々は全て焼け飛び、堀は火傷を癒やすため飛び込んだ人々の亡骸で埋め尽くされたと伝えられる。

b0116271_12165388.jpg
b0116271_12174533.jpg
b0116271_20333744.jpg
b0116271_20335004.jpg
b0116271_12190065.jpg
各地風景。最後の西広島は被害を免れた地域。

T字橋はまだ真新しい(被爆寸前の築造説もあったがこの絵葉書の撮影はおそらくもっと前。戦後「骸骨」原爆ドームとともに阿房日記上で内田百閒が軽く記している。)
b0116271_12192202.jpg
b0116271_20341458.jpg
相生丁字橋から日赤、商工会議所旧館、産業奨励館。日赤は鉄筋コンクリートで屋根に大穴があいたが残った。鉄路とバスが見える。広々としている。(撮り方により狭く写ってるものもある)
b0116271_18390050.jpg
:遠景、産業奨励館左に見える(右あたりが爆心地)
b0116271_18403549.jpg
:真新しく見えた相生橋(T字橋本体)も欄干をすべてうしなった

b0116271_12194349.jpg
御幸橋

※一部新しい印刷写真を含んでいます

・宮島(戦前戦後広島はおろか日本一の名勝であり空襲被爆も免れ写真記録も山ほど残っている観光地)
b0116271_12202918.jpg
千年の火で炊かれ続ける湯を鉄瓶から飲むと生きながらえると伝えられる。というか飲んだ。鉄臭かった。体は変化なかった。
b0116271_12205230.jpg
鬼を祀る三鬼神社。全国の天狗を使役するともいわれる。
b0116271_12210905.jpg
b0116271_12212834.jpg
おどり。
b0116271_12215091.jpg

b0116271_20410075.jpg
時代は遡り、明治前期になると八年に建てたばかりの鳥居がじつは白木にされていたことがわかります(この時期の写真絵葉書はほぼ薄写真になぞって描いてしまっておりかなりの部分が絵ですが、太い脚を見ると今と同じ丸太の綾がついていて忠実になぞっているのがわかります)。この半端な彩色は少し調べたところ、別の写真でもそうなっていて、全体に改めて丹塗りされる途中の段階か、意味があって部分的に朱を入れていたと思われます。笠木の中に重しとして石砂が詰められており、石は一つ一つに般若心経の文字が書かれました。赤は仏教色とみなされていたため、神仏分離の折いろを落とすよう強く政府から圧力をかけられての素木鳥居だったのですが(もともとは朱鳥居です)、仏教部分には敢えて色を付けたのかもしれません。社殿の方を見ると、やはり一部しか塗られてませんが、これも真実で、平清盛改修以来の朱を落としてしまったそうです。ちなみに赤は平家の旗色でもあり、全国の平家の息のかかった社(源氏は仏教派で神社には積極的でなかったため、残ったものには平家の神社が多いとも言われます)は鳥居が朱い傾向があるともいいます。扁額をベタッと塗ってるのも変ですがこれも別の写真を見ると笠木と同じような感じで黒くなっていますので本当の色と思われます。もっとも左高台の建物はしっかり丹塗りを示してますね。神社の本体は塗りを落とさないなら焼けとまで言われましたが、付随する寺院建築はその範疇ではありませんでした。五重塔は赤いままでした。これは分離される側のものなので相手にされていなかったのではないかと思います(今でも寺は寺で混在はしてますがいちおう別れてますね)。ところで大鳥居は海中に立っていますから丹塗りは実際には防腐剤の意味も強かったと思われます。そのため主脚に大楠の一木をせっかく使ったのに早々に割れが入り痛みが発生してしまった様子が見て取れます(今の状態と同じですね)。いっぽう赤は古来魔除けであり格式や豪華さを示す色でもありますが、やっぱり江戸時代の過剰に派手な仏教のありようから維新感覚では朱塗りは仏教の混淆で排除すべきもの、もしくは想像ですが明治神道の原型としての伊勢、簡素な白木の鳥居に倣い赤を禁じられたということだったのではないでしょうか。赤鳥居は普通は稲荷ですから庶民宗教としてのイメージも悪かったのかもしれません。混淆しやすい神でしたし(伏見大社も思いっきり混淆してました)。明治33年の嵐の大修理のさい、岡倉天心らと行動を共にした漆芸の大家、六角紫水が現状を嘆き、その助力を得て朱塗りに戻したのが現代の、大元からの全体朱塗りだということです(その後も塗り直しは何度もあったでしょうが)。

b0116271_12221192.jpg
祭りは古今変わらない。
b0116271_12222579.jpg
厳島神社裏。鏡池が明確に見える。

宮島の千畳敷、当時はしゃもじを奉納する習慣がさかんだったらしい。秀吉寄進で、今は見晴らし良い休憩所となっている。ただ早くに閉める。
b0116271_12224391.jpg
b0116271_12225764.jpg
今も行われる祭り(先ほどと同じ)
b0116271_12232038.jpg
広島不動院金堂(被爆建造物、国宝。寺宝の朝鮮鐘や秀吉書状なども残りました。たくさんの避難者を受け入れられるほど被害は最小限に留められたようです。)
b0116271_12245499.jpg
b0116271_12251395.jpg
※古写真にご興味あればこちらも→







☆さて旅日記です。フェイスブックからの断片的転載なので記録としての抜けはFlickrの写真や動画をお願いします。☆

まずは山へ登る(ロープウェイでショートカット) 外国人だらけ
お堂がいくつか※さきほどの絵葉書にある2つが代表的
b0116271_15340676.jpg
全国にはいくつか鬼を祀ったお堂がある。ここにも三鬼堂というお堂があるのだが(神仏習合の名残とも)ふと傍らを見ると、アジア系の外国人が五体投地をしていた。ありゃ、鬼に五体投地?…仏教は鬼も神として習合するし習合された側の鬼とされる神をいただいた方々かも、、、

大岩が増えてくる

超古代の巨石文明と聞いて
b0116271_15361708.jpg

弥山山頂、広い展望台でみんな寝てる 寝釈迦の上で寝釈迦(どちらかといえば女体になぞらえる山体だけど)
b0116271_15380824.jpg

こんな山の上まで外国人だらけ。。
b0116271_15373946.jpg

下り道、干満の水を秘めた穴(穴の中の水が枯れず海の干満と同期をとっているという伝承、カンマンは仏教用語とかけたのだろう)など少しミステリーな岩が散在、またひっそり神社もある。ぐるっと回ってロープウェイ駅まで往復となる。麓の紅葉ヶ谷は大昔に災害でやられたので断絶を経ている。
b0116271_15414174.jpg

宮島の鳥居 干潮時に歩いて行った
かなりの補修っぷりである
b0116271_15421199.jpg

ふじつぼんぼん(きゃりーぱみゅぱみゅ風)
大鳥居(明治時代、神仏分離の影響でしばらく白木だったと伝えられる)硬貨を貼り付ける現代の民間習俗は大柱を痛めると問題になっている
b0116271_15425838.jpg

鹿のいる風景
b0116271_15432897.jpg

宮島なう。2つ失敗したが久しぶりの旅なら上々だらう。

<二日目>
b0116271_15435898.jpg

動かぬこと達磨の如し
b0116271_15444161.jpg

満潮時の宮島は雰囲気が違いますね

広島へ移動、三度目
b0116271_15583191.jpg
原爆ドーム。ボロボロ。中は瓦礫。立入禁止。

b0116271_15452876.jpg
この上空600メートルで爆発した。
原爆ドーム
b0116271_15461860.jpg
b0116271_16041309.jpg
宮島とは世界遺産の意味が違うな

b0116271_15495309.jpg
まだ座ってらっしゃる

岩国へ〜
錦帯橋とか(何度もかけ替えられてる、下に人形の石を産し人柱の霊としてお守りに売っているそうですが見かけなかった)
b0116271_15504791.jpg

岩国城にも行きました。
b0116271_15511682.jpg

佐々木小次郎がツバメ返しを編み出した場として設定された川岸の一角。
b0116271_15514706.jpg

〜<三日目>
きょうは呉。
b0116271_15524847.jpg
戦艦大和の建造されたドック。当時としては最大級の穴を掘ったため、その土砂を積んだら運動場が出来上がり使われている
b0116271_15531767.jpg
いまは民間のドック(覆屋内、秘密らしい)
b0116271_15543073.jpg
大和の塔
b0116271_15550000.jpg
今は潜水艦の故郷、自衛隊呉港
b0116271_15562342.jpg
こちらは退役艦で無料公開されている、くじら館、一見の価値あり。ただ海上から見える数々の新鋭艦(純日本製で海外でも高く評価されている))に比べ工夫がなく古さはある
b0116271_15553080.jpg
b0116271_16034185.jpg

大和ミュージアム
b0116271_15570900.jpg
b0116271_15573833.jpg

戻って最後に広島城。すべて復元です。
b0116271_16010602.jpg
b0116271_16013611.jpg
b0116271_16020793.jpg
宮島のお寺にこんなところも
b0116271_16025569.jpg
ツイッター:



by r_o_k | 2017-10-17 16:05 | 旅行 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30