2006/5/1-4GW:高知松山怪の爪あと(追記あり、古写真、アルバム追加)

予告どおり夜行で高知へ。高知と松山+αを廻ってまいりましたが、中から怪異関連の部分だけ。

まずは赤岡町。
b0116271_10524044.jpg
b0116271_10524114.jpg
b0116271_10524220.jpg

絵金と絵金まつりについてはソレ関係の書籍でもあたってください。「血赤」を駆使した残酷庶民画で知られる幕末のすぐれた絵師です。怪異絵師としては同門の後輩河鍋暁斎とはまた違ったアングラ的というか直接的なサイケ芝居絵を得意としました。どぎつい。だから海から上がってくる死者を追い払うために「使われる」ようになったのです。地歌舞伎のかわりとして富裕庶民に愛好された芝居屏風を各家に残しただけでなく、夏まつりで鎮守の参道や相撲土俵脇に置かれる大絵馬提灯なども残しています(というか廃棄が惜しいので残された)。この町には他にも奇なものがあるようですけど、時期外れはちょっとさみしい感じ。廃寺あとに墓石が乱立する薄気味悪い場所もあるとききましたが(秀吉朝鮮出兵のさいの死者を弔ったものだそう)時間がありませんでした。

高知市内です。時間の都合で廻れなかった場所は敢えて示さずにさくっと。
b0116271_10524325.jpg

風光明媚な五台山。

ここに明治初頭設立された西洋式医院。もともと攘夷論さかんな山間地で「あの蛮人医は若者を殺し油を搾り取っている」という風説が流れ、あるいは魔術で「ヘイムシ」という吸血虫にされてしまうといわれ、遂に一揆が起こった、これが有名な「脂取一揆」です。田中貢太郎も実録を残している。

五台山にはいくつか史跡がありますが、何故かここに興味をひかれました。あきらかにイワクラです。
b0116271_10524419.jpg

大岩から泉が湧き出ていますが弘法大師ゆかりとか?
b0116271_10524581.jpg

じつに神秘的でした。なんのへんてつもない場所なんですが。

五台山頂にある八十八ヶ所で知られる竹林寺、ここには猫関連のものがあります。
b0116271_10524697.jpg
b0116271_10524756.jpg
b0116271_10524855.jpg

アラーの名の入った魚とか、このての話は世界中にありますが、「なんでこの古寺に招き猫が???」という意味でも面白かった。
b0116271_10524930.jpg

いかにも古寺ふうで、いいお寺です。夢窓国師の庭にも南国の植物が使われている。

さて、川の多い土地ですが、いくつかの川の交錯する八洲は今はちょっと残念なところもありますが、かつては風光明媚で知られた場所でした。

今は弁天観音さんの仁王扱いですが、これが怪奇ものを得意とした実録作家田中貢太郎の一派が意気をあげたことで名を残す「八洲さま」、おたぬきさんです。

博浪会の面々がこの川辺に集まったわけですね。

高知でいちばん有名な怪異は?地元出身の物理学者寺田寅彦が書き記したことで有名な「ジャン」ではないでしょうかね。

この湾口(正確には外海への湾口ではなく浦戸湾の「くびれ」にあたる狭い部分)が渡合もしくは孕と呼ばれる場所で、シンバルを打ち鳴らしたような、あるいは空鉄砲を打ち上げたような「じゃん」という謎の音が響いたという。これが鳴ると魚が一切とれなくなる。田中貢太郎もそれらしいものにあったとある。今でも浦戸のここより外は良い釣り場となっていて、釣果はみな気にします。

このかなり「工業化」された埋め立て地は砂浜でした。「自由の松原」と呼ばれた場所がこの先にありますが今は完全に壊滅しています。

非常に狭い湾口で、寅彦が指摘した海底地形の変異現象の他にも原因を探れそうな気がします。今回行けなかった向かい側の岸にもいくつかふしぎポイントがあります。(別項)

このさらに先に行くと海岸はかなり埋め立てられ新興住宅も増えてはいますが、浦戸湾口の整えられた人工的な海際までは行かず依然古い雰囲気を残した仁井田に入ります。
b0116271_22244372.jpg
貢太郎の故郷です。かつては桂浜の裏、その向かい(浦戸湾出入口東岬)の、松林公園に護られるように現存する種崎海水浴場からこの先まで広大な砂浜で、海水浴場から飛行場となり、埋め立てて軍用地にされて今があります。強靭な松原に守られ、仁井田はとくに山も背後に迫っていて堅固な土地柄でした。
b0116271_22282269.jpg
b0116271_22285182.jpg
b0116271_22342377.jpg
明治から昭和初期にかけて、浦戸湾口の船の出入りするあたり(漁師さんの出勤帰帆の風景だったようですね)はどんどん変化していったのですが、今は内陸でも砂地ののこるところも多い。仁井田までくると写真の通りかなり波は荒かったようです。桂浜も弁天さんの向こうまで泳いだそうですが、かつて岩礁や岩が多く、また外洋は危険です。
b0116271_11044737.jpg
b0116271_11053200.jpg
仁井田には巨樹がいくつかあり、中でもこの仁井田神社の大楠が名高いものです。もっとたくさん生えていたといいますが台風などで今は数は限られています。力がありますねえ。
b0116271_11062029.jpg
仁井田の先(東)へ向かうと学校のむこうにこんもりとした茂みが。裏山に沿う形でひっそりと残っている。
b0116271_11064412.jpg
ここが「松原の怪異」に取り上げられた「聖神」、聖神社です。今はかなり拓けている中にあるだけにちょっと往時の状況を想起することはできないが、よくよく見るとなかなかに雰囲気のある場所です。

何かあるんでしょうね。
b0116271_11075126.jpg
b0116271_11083517.jpg
手水鉢が海石であることは全国海沿いの部落では珍しくないことだが、それにしてもここまで変形していると手水鉢にならない。というわけで逆側にちゃんと手水鉢が設けられています。

猫が古株でしきりに爪を研ぐ。
b0116271_11090358.jpg
b0116271_11092451.jpg
目の前に松原はもうありません(当時の記録では長い砂浜を区切る松原はそうとう頑丈で台風もものともしないものだったそうです)。しかし一応「立ち入り禁止」の林があります。
b0116271_11100193.jpg
b0116271_11102588.jpg
「松原側」から見た聖神。このあたりにあった松林に怪異が頻発していたという。詳しくは別項の「松原の怪異」を参照。
b0116271_11110758.jpg
更に海側から遠景。笑い婆が出たという松林を抜け、このへんが砂地の空濠になっていた場所でしょうか。土俵があったという。
b0116271_11112986.jpg
さなればこのあたりの上空から「笛や太鼓」の音が鳴り響いていたということになる。背筋に何かが走る。
b0116271_11124079.jpg
b0116271_11130703.jpg
b0116271_11134168.jpg
聖神脇の楠も仁井田神社のものと並び古い巨木ですが、これが「松原の怪異」に出てくる血を流す楠木でしょう。
b0116271_11142495.jpg
そういえばこの捻れた木も気になった。

実はここはもう田中貢太郎の生地のすぐそばなのでした。地元ネタを書き留めたものなんですね。
b0116271_11152264.jpg
b0116271_11155059.jpg
田中貢太郎誕生の地の碑。全く知られていませんが、田中家は現存してるはずです。

墓もすぐそばに設けられましたが、戦時中土地接収され、移転を繰り返して今はさんごセンターの手前の砂地に乱雑に集められた中にひっそりとあります。墓地名ははっきり決まっていないようで、事前に探すのに少し苦労しました。墓地公園と称していますが、たんなる砂浜です(海側は埋め立てられているので海に面してはいません)。実際行ってみると場所は幹線沿いでわかりやすい。中でも背の低い古い墓石を探せば南西寄りにすぐ見つけられるでしょう。
b0116271_11163617.jpg
b0116271_11165508.jpg
b0116271_11171660.jpg
b0116271_11175023.jpg
墓裏に赤い蝶がとまりじっと動きませんでした。

武市姓が見えますが、聖神より更にしばらく東へ行くと武市瑞山生家があります。

ある意味怖かった浦戸大橋。ここが浦戸湾口になります。
b0116271_11191449.jpg
渡ると向かい側の外海沿いが桂浜になっています。
b0116271_11195430.jpg
b0116271_11202440.jpg
坂本龍馬像。戦前供出前の姿はこちら
b0116271_20092509.jpg
ここに田中貢太郎の記念碑があります。師大町桂月の碑の上うしろ。
b0116271_11210332.jpg
b0116271_11214369.jpg
桂浜からすぐ西に、少し雰囲気のある場所があります。
b0116271_12172280.jpg
b0116271_12173536.jpg
長曽我部方として最後まで闘い酷い処置を受けた一領具足を弔う地蔵です。なぜか山姥の板樋が集められているそう。桂浜より穏やかな海。裏には長宗我部元親の供養墓もあります。

次は室戸岬です。空海関連のものが多いですが。かなり荒々しくまた観光化がされていない地域で静かに歩けます。
b0116271_12201754.jpg
とりあえず岬の先。褶曲地層の海食様が凄まじい地獄景色。灌頂ケ浜は弘法大師の儀式あと。
b0116271_12204684.jpg
b0116271_12210086.jpg
b0116271_12211371.jpg
弘法大師の功徳をまつった岩などが散在しているが、やはりどうしても仏教色が濃く怪異的には今ひとつな感もある。
b0116271_12214456.jpg
b0116271_12220392.jpg
b0116271_12222929.jpg
目洗いの池。弘法大師の功徳で目に効くという。
b0116271_12225661.jpg
弘法大師とは関係の無い土着のものもある。これは漁師さんの信仰を集める竜宮神。いわくらに湧水、典型だ。
b0116271_12231767.jpg
南国らしい風景です。一本の木だそうです。キジムナでもいそうですね(木はアコウです)。
b0116271_12234072.jpg
b0116271_12235916.jpg
いくつか岩窟があり、弘法大師の篭ったものとも言われています。
b0116271_12242786.jpg
b0116271_12244053.jpg
捻岩。「異変」とは??
b0116271_12250191.jpg
b0116271_12251735.jpg
岬上の東寺。

ここに室戸でも指折りの不思議物体が。鐘石です。
b0116271_12253780.jpg
b0116271_12255218.jpg
書いてあるとおりで別に不思議ではないものの、何か仏具を叩いているような金属質の音は、まだ生々しかったころの日本仏教の土俗をあらわしているかのよう。

こちらは室戸で一番哀しく怖かった。
b0116271_12262151.jpg
b0116271_12263662.jpg
こちらはかなり汚い水ですが、弘法大師が行水をしたという海食池。
b0116271_12265596.jpg
b0116271_12270979.jpg
弘法大師の篭った洞窟。
b0116271_12274605.jpg
左手のもの。これはさすがにちょっと怖い。蝙蝠の声がひっきりなしに聞こえる大きな海食洞窟。水がボタボタとかなり強く降り注ぐ。
b0116271_12281366.jpg
b0116271_12282780.jpg
右手のもの。
b0116271_12284534.jpg
室戸で最も有名な不思議物件はこの天狗岩でしょう。
b0116271_12290759.jpg
b0116271_12292338.jpg

まさにガイジンさんみたいでいかにも天狗です。明治時代の写真名所絵はがきにもなっていました。外国人も目を引かれたようです。人面にも程が有る。しかし、
b0116271_12293682.jpg
正面はこんな。火星の人面岩と同じ仕組みなのですね。


今度は奈半利に戻って徳島との境目のほうへ。参勤交代の野根山街道、険しい林道を途中まで車で登り、引き返す形で歩き下ります。
b0116271_12310616.jpg
余りの険しさと山上の雰囲気に「標高じゃないんだなあ」という感じでした。鯨の背のような細い尾根です。
b0116271_12314143.jpg
b0116271_12330107.jpg
まずは起点とした宿屋杉。室戸台風で倒れるまでこの山の上に屹立していた古木で、うろには4,5人が寝泊りできたといいますが、確かに非常に根の張った「泊まり易そうな」大樹のあとです。

三里塚。この街道(というには余りに細くて淋しい山道ですが)にはきっちり塚が残っています。霧に包まれた異様な雰囲気の中では数々の怪異が報告されていたというのも頷けるものがあります。そもそもこんな不思議な道は犬が切り開いたといわれており、そま人でも恐ろしがったというのもわかる気がします。たとえばこの塚(道の両脇の石積みと切り株)には「骨になっても闘い続けた狼と猪」の伝説があります。大きな虻がまとわりついてきました。その底深い音はまるで坊さんのお経のように聞こえた。室戸でも感じたのですが、「お経怪談」はこのような雰囲気の中で飛虫がかなでる「羽音」が正体なのかもしれない。しかし羽音であっても、それは幽玄の感を強くするものに変わりはありませんね。
b0116271_12334828.jpg
b0116271_12340668.jpg
林業で成り立っていた樵の土地柄で古い木は皆伐られたといいますが、一部残している、それがこれらの異様な枝振りの大樹です。
b0116271_12342857.jpg
藩林として植えられ伐採が禁じられたもので、枝打ちをしない生の杉がこういうものだと改めて認識させるものです。まるで北米。
b0116271_12345723.jpg
堂々と寝転がってぐいっと上に伸びる、妖怪的な杉。単に倒れたのではなく、道に向かって崖から生え、間違ったと方向修正したような蠢く生命力を感じます。
b0116271_12353340.jpg
b0116271_12354572.jpg
緑の苔が狭い石畳を覆い紅い椿がぼたぼたと落ちているのはいかにも南国の道。
b0116271_12360734.jpg
b0116271_12362983.jpg
この街道の最も怪異なスポットがこちら。険しい道の折れ曲がる場所に生えていた木の折れ株。
b0116271_12365621.jpg
「笑い栂(つが)」。樵を襲った天狗山神の怪異、その宿った大木と言われています。もう枯れていますが古樹の趣が強く不思議な感じがします。足の指をすべてもがれたというのは、転げるようにこの急道をくだったときに自傷したものとも考えられますが、いかにも民話化の流れが生々しい。
b0116271_12371899.jpg
b0116271_12375036.jpg
この上空から笑い声が木霊したのだ。
b0116271_12384263.jpg
b0116271_12385570.jpg
少々陰惨な雰囲気をもつ六部様。もっとどぎつい話が残っていそうだ。いわゆる六部殺しの伝承。かなり強いかんじがした。
b0116271_12394874.jpg
b0116271_12400467.jpg
次は一気に愛媛は松山へ。

道後の石手寺は怪異好きも珍奇好きも国宝文化財好きももちろんお遍路さんも注目のスポットであります。
b0116271_12404271.jpg
こういうパゴダが日本屈指の古寺にある異様。「トンデモ寺」のナンバー1に挙げられることもあるのがうなづけるものでもあります。しかし観光寺ではない。その証拠に喜捨以外のお金はとりません。
b0116271_12413334.jpg
国宝やら重文やらの建物の前にこんなものを据えてしまうサイケな感覚。インチキ臭い?いえ、これも宗教の一つの到達点といえるでしょう。仏教は南国ではほんらいこういうものでもある。中央の武士階級が仏法をしかめっつらの学問に仕立てたのだ。
b0116271_12423069.jpg
こういうホラー仕立ての洞窟も掘ってしまう。向こう側には更におかしなものが。全部は見なかったのでちょっとだけ(後日見ましたが予想通りのUFO伽藍でした)。
b0116271_12432582.jpg
さて、この寺の怪異的な目玉といえるのが、奥道後の伝説として伝えられる大蛇の怪の、証拠の一つとされる「蛇の髑髏の一部」。七不思議の要。
b0116271_12434812.jpg
b0116271_12440340.jpg
b0116271_12441887.jpg
b0116271_12443111.jpg
b0116271_12444862.jpg
b0116271_12445939.jpg
全景を見ればわかるとおり、かなり小さいものです。15センチあるでしょうか?剣のほうも恐らく元は違うものだったと思います。典型的な考古学的遺物の様相を呈している、上古の三種の神器の剣もこのようなものです。実用というより書いてある通り招来の祭器ではなかったでしょうか。
b0116271_12453285.jpg
他にもこういうようなものがあり、いかにもの感じです。
b0116271_12464722.jpg
b0116271_12470224.jpg
これは生まれたばかりの赤ん坊が握っていたという丸石。瑞祥ともされる丸石には土俗宗教的な意味もあり、そういった裏を読んで言い伝えどおり信じないことも大事かなと。七不思議のひとつ。衛門三郎は四国八十八ヶ所巡礼の祖。
b0116271_12472772.jpg
湯の岩。道後温泉の湧き出る音がするという。七不思議のひとつ。
b0116271_12474845.jpg
潮音の壺。中に水があり潮の干満と同調しているといいますが枯れているようです。七不思議のひとつ。ぜんぜん解説されてないので何だかわからない人も多いでしょうね。お寺も殊更にこういうものに拘らないのがすがすがしい。神道的な感じがします。塩釜系ですかね。
b0116271_12481060.jpg
子授けの石がこの社の中に。古今いろんなものが併合されたお寺です。七不思議のひとつ。
b0116271_12483095.jpg
体の悪いところが治るという煙。七不思議のひとつ。
b0116271_12485267.jpg
門前の渡らずの橋。弘法大師がこれを渡ったことから余人が渡ることを禁じたもので、渡ろうとすると足が腐るという伝説は七不思議のひとつ。
b0116271_12490920.jpg
不動石。不動明王の姿が浮かぶ・・・明確ではありませんがそんな感じもします。七不思議に入れられることもある。門前。
b0116271_12492829.jpg
幹の途中から不自然に枝の出た木。こんな怪異も。
b0116271_12495041.jpg
コラ!まじめな信仰を茶化すでない!・・・こういうかなりできのいい閻魔様もいるというのに、あの洞窟マンダラの先の白閻魔といったら・・・

珍奇の目からすればまだまだたくさん物件を秘めた仏教アミューズメントパークですが、こんなところにしておきます。
b0116271_12501410.jpg
道後温泉のすぐそば。
b0116271_12503235.jpg
b0116271_12504438.jpg
松山の国宝の寺として二つ目に上げられる大山寺(たいさんじ)。創建の伝説からして古寺の威厳をもち、豪壮な鎌倉建築が光ります。開放的でとても気持ちのいい、静かなお寺。しかし往年かなり賑わったようで、物件もそれなりにあります。
b0116271_12510368.jpg
b0116271_12512012.jpg
b0116271_12513368.jpg
b0116271_12515427.jpg
b0116271_12521294.jpg
b0116271_12522739.jpg
b0116271_12524215.jpg
b0116271_12525993.jpg
b0116271_12531857.jpg
最高の見ものは鐘楼にあり。鐘は引き鐘になっていて重文ですが、びっしりと江戸時代のラクガキが(ラクガキというより一種の土俗信仰でしょうが)書かれている奥に、地獄絵が展開されています。江戸時代のものとしては状態がとてもいい。天井の格子絵の保存は余りよくありませんが、この鐘楼にこの寺の土俗的側面が集約されているといってもいい。

地獄絵の脇に鬼面をつけた竹節が飾られている。恐らく何かの病気の節に面を彫りこんだものだろう。しかしこれは、子供にとっては恐怖である。この堂は近在の子供には、恐ろしい魔界に思えたことだろう。私が見ている間も子供が覗き込んでは、怖いといって出て行っていた。鬼面と地獄絵と一面の墨書きの落書きには、日本という国の古さ深さと恐ろしさを改めて認識させるものがある。地獄絵がこんなに身近にはっきり見られる場所もないだろう。鐘楼の薄暗がりは彼岸との接点を演出して、頭上に仰ぎ見える鐘は魔を払うのか、呼ぶのか。綱を引くと、低く深い音色がひびきわたった。
b0116271_12535749.jpg
十字紋がふとくるす紋に見えた。性神信仰を示すようなラクガキも有る(単なる文字通りのラクガキではないだろう)。
b0116271_12544370.jpg
b0116271_12545660.jpg
明るい表に出るとまだまだこのお寺には奇妙なものがある。
b0116271_12554454.jpg
亀甲紋のある不思議な力石。江ノ島のものとそっくりですね。
b0116271_12560280.jpg
層塔の礎石だが今は痔を治す土俗信仰の対象となっている。たわしで綺麗に穴を掃除すれば、自分の痔も綺麗に治るというわけだ。
b0116271_12565681.jpg
鐘石。サヌカイト。室戸のものも同じですね。
b0116271_12571677.jpg
b0116271_12573088.jpg
不思議な身代わり観音。
b0116271_12575469.jpg
足に効く石。周囲を廻れというが、まさに土俗信仰そのものだ。
b0116271_12581797.jpg
アショーカ(愛育王)塔の伝説を持つ層塔だが、確かに鎌倉よりは前に遡れそうだ。特に一層目は日本最古の層塔様式を思わせる。つまりは奈良時代まで遡れるかもしれないということだ。
b0116271_12583435.jpg
ひきさき地蔵。二人の男に愛された女が、ある日両腕を二人に引かれてそのまま引き裂かれ死んだという伝説から作られた供養地蔵だが(類例はよくある説である)、何故かうれしそうだ。
b0116271_12585252.jpg
捻れ竹。参道沿いの元宿坊の民家庭にあり、男女の遍路の差した竹杖がもつれねじれあい根付いたものといわれ、その男女は不埒な仲であった、そのせいだったとされる。不純な巡礼を諌める説で、竹を遍路の杖に使わなくなったのはそのためだという。実際パンフの写真を見ると今でも異様な捻れかたをしている。これはあるいは何か性神信仰の関係のものが入り込んだのかもしれない。
b0116271_12591248.jpg
近在の寺にあるきりしたん灯篭。先ほどの鐘楼のラクガキでくるす紋を想起したのはこれのあるため。

松山三つ目の国宝の寺、大宝寺は駅裏すぐの山際にある。
b0116271_12594253.jpg
この小さな本堂が愛媛最古の建築で国宝指定。しかし注目は右手の桜樹である。
b0116271_13003388.jpg
b0116271_13004964.jpg
b0116271_13010235.jpg
非常に樹勢がありそんなに古い樹ではない感じもするが、とにかく本堂建築の由来となっている、ヘルン先生の怪談所収の物語の現存する数少ない例である。
b0116271_13012404.jpg
b0116271_13013848.jpg
b0116271_13015471.jpg
最後に松山城。怪異は天守閣消滅という現象。解体修理中である。天主が傾く怪異伝説を持つ城だっただけに、とても意味深な感じがする(解体修理なのだ)。単に構造的な問題だったということかもしれないが。

おまけ。

大三島宮は武士の信仰厚く国宝武具を多く所蔵している。斎田はそれほど珍しいものではないが、神と相撲をとる「一人相撲」はいかにも戦いの神社というふうの習俗だ。しかし現代では珍奇の目を向けられるものでもある。
b0116271_13022272.jpg
b0116271_13024082.jpg
b0116271_13025218.jpg
b0116271_13030594.jpg
b0116271_13031781.jpg
b0116271_13033693.jpg
この社はコノハナサクヤ姫イワナガ姫の父親オオヤマツミを祭ったとても古い神社だ。

尾道。
b0116271_13045222.jpg
この山門下にある岩玉は天から降ってきて海を照らしたといわれるが実見はしなかった。(のち見たが盗難に逢いとっくに模造品となり、しまいに電灯になったとか?)
b0116271_13052773.jpg
b0116271_13054323.jpg
b0116271_13055659.jpg
b0116271_13060725.jpg
おわり。


by r_o_k | 2017-09-12 20:06 | 旅行 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31