(継続中)動物の個別墓塔を戒名入りで建てるようになったのはいつからか

犬猫供養は仏教の教えと相いれない部分が否めないが、両国回向院は将軍自ら愛馬供養を依頼し、豪徳寺は井伊家ゆかりの猫の墓を作り以後どちらも貴賤問わずのペット供養のメッカとなっていたようだ。しかしながらそういう行為はしばしば馬鹿にされ、戒名までもらって個別に墓石を建てられることはさすがにあまりみられないように思う。イチコに愛犬の口寄せをさせ皆に呆れられる滑稽話が出るくらいである。将軍家の馬でさえ小塚原の牛馬捨て場に持っていかれたもので、供養と埋葬・さらに石塔は別のものである。石塔は庶民ですら元禄時代くらいまでは許されない場合が多く、江戸初期を除けば大名ですら大きな石塔の建立は禁じられたと聞く。江戸の墓がみな小さいのはスペースや衛生上の問題でも火葬が一般化した以外にそういう理由もあろう。乗馬の供養塔は万延年間に表向き馬頭観音と書かれ裏にひっそり乗馬供養とした石塔が小塚原に残る。そんなとき島津家が菩提寺の墓地に残した石塔の中に犬猫のものがあったと聞いた。犬は戒名と没年が刻まれ、猫はただ猫塔とある。縄文遺跡で知られる伊皿子遺跡の斜面の貝塚上にあったものである。寺の移転時に残され、屋敷の隅に積んであったものを電電公社が斜面部をまるごとさらって壊滅するさい調査が入り、近所の三田資料館に保存されていたが、資料館移転にさいしていったん、今年は多摩の埋蔵文化財センターに犬猫埋葬例の説明とともに猫の塔だけ展示されている。島津は動物については特殊な感覚があり、琉球や南蛮の影響から犬を含む肉食を早くから復活させたが、一方で大奥では非常にペットを愛していたことも伺える。墓石としては粗末だが、回向院の猫塚と比べても本式の印象があり、また、あちら(伝承でしかなくはなはだ疑わしい面もある)が人間の名前で戒名を刻んでいるのに対しこちらははっきり動物として葬っていたのはめずらしいことだ。この件はいわゆる名犬・妖猫という物語性のあるものとは切り離して永に考えていきたいです。
b0116271_13534453.jpg




2017年7月11日

覚書。藤岡屋日記に文化十三年三月頃、深川の裕福な時田喜三郎の飼猫、出入りの魚屋利兵衛は魚をやって可愛がっていたが体を壊し困窮する。猫、時田家から一両小判を盗み置いていく。利兵衛持ち直す。十三両持ち出そうとした時、叩き殺される。話が明らかになると回向院に「値善畜男」と小墓を立てた。立てたのはむろん喜三郎の方。

回向院水子墓の脇とあるので人間と畜生の間のもの、と名目を立てて猫の墓を建てたのか(脇に時田喜三郎猫と彫ったと)。回向院がペット供養のメッカとなるのも遠い先ではなく、その先がけだったのだろう。ペット墓へ仏教的に合理性を持たせた例として興味深い。

あれ?これ猫塚のことだとする説あるの?猫塚はいくつか造立者の名が推定されていて、考えてみれば同じような話だ。奇異なものだと思って見ていた(先年まで気づかなかったのはさいきん位置が移動しガラス張り&標識がついあかららしい)



猫また橋の異聞に鎌倉屋喜平の猫の話が出てきてよく似ている。寛永年間、小石川の話。これは恐らく芝居を底本とした仇討ち話のアクセントに取り入れられたもので本当の名前ではないだろう。(佐藤龍三「江戸伝説」)


b0116271_13252552.jpg
b0116271_13233990.jpg
b0116271_13181104.jpg
b0116271_13184509.jpg


b0116271_13234791.jpg
氷川神社(近世に出雲の出の別系統という説にもとづき簸川神社と改称、今の小石川植物園の縄文遺跡あたりにあったものを江戸前期に移築、小石川の川を見下ろす高台で見晴らしがよい。寛永年間、川越の彦兵衛という絹商人が亡くなった男児のかわりとして拾った男児を大事に育てるが、塚山新八という浪人に金をせびられ断ったがために殺された。妻お波と義理の息子門二郎は武芸で父の敵をうたんと彦兵衛の愛猫である斑猫を連れてこの氷川神社の辺りに来て住んだ。門二郎は近所の武芸者のもと腕を磨きお波は安心していたが肺病にかかりたくわえも尽きて貧乏となる。門二郎はいろいろ働くが猫だけは父の形見と大事に飼っていた。その猫がある晩、お波の枕元に小判を一枚咥えてきた。二人して猫を叱るも、小判を咥えてくることをやめなかった。近所に鎌倉屋喜平という金貸しの金持ちがいた。しかしこのところ帳簿が合わない。ある夜気配がして喜平見ると猫が箪笥の引き出しから小判を咥えて去ろうとしている。叩き殺し、後ろの小石川に捨てた。お波門二郎はうわさを聞き残念に思い、小判一そろいを持って涙ながらに鎌倉屋を訪ねた。喜平は門二郎の顔かたちが亡妻と瓜二つなのにびっくりした。聞くと拾われた子という。奇遇なり我もと武士で旅先で産気だった妻が死んでしまい乳にこまって捨てた子がある、それが彦兵衛の家で、門二郎は実子だとわかる。三人はうれし涙、後見として門二郎に仇を討たせお波を引き取り家を門二郎に譲った。猫のおかげと小石川を探したが死骸は見つからず、記念のためとして橋を架けた。そして猫また橋と名付けたのである、という芝居がかった話も佐藤隆三「江戸伝説」に記されている。門二郎の子孫は今は岸野姓として巣鴨に住んでいるとは当時の話。)


b0116271_13140844.jpg
いうまでもなくこういうことはよくある。よそから勝手に話をもってきてしまう江戸以前の伝承の在り方です。渡辺綱(自身が東武士で三田の生まれで晩年戻ったというのも思いっきり異説がある模様)土蜘蛛退治の伝承も、昭和初期くらいまで語られたが今は現地にも地名しか残っていない。その位の信憑性。

b0116271_13233098.jpg
おまけ:白山神社の各町会の神輿蔵。ばらばら。

by r_o_k | 2017-07-17 13:46 | 旅行 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30