港区三田を行くシリーズ(2)「幽霊地蔵」※通った飴屋のあった二本榎・地蔵元位置の芝浜を追記

b0116271_14173494.jpg
とろけ地蔵は数あれど、テラテラ濡れた姿は何やら金属のようで、現代美術にこんなものがあったような。。落語で知られる芝浜近くの寺(源光寺)が廃仏毀釈にあい、高輪の同じ宗派のお寺(現在は光福寺と呼称)に併合された時に持って来られたものと言われている。それなのに何故か江戸時代の民話として、高輪の寺町にあった飴屋に飴を買いに来る、いわゆる「飴買い幽霊」が出没した伝承が残るという。芝浜(東京都港区芝)といえばそれほど広くない砂浜だけど、明治時代に線路が敷設され今は高層マンションが建っている見る影もないビル群の中。ですが、以下写真、合併されたお寺「源光寺」のあった場所と特定できました※。
b0116271_14161423.jpg
廃仏毀釈をまぬがれ、再開発からも逃れたお寺が幾つも残り、それを囲むように住民も残った結果、エアーポケットのようなエリアができました。今は三田駅の至近、芝四丁目の一部ですが、最近になって旧町名「本芝町」を頭に冠した町会を復活させ、掲示板も建てられています。区割りも小道の曲折も江戸時代のまま残り、半分は無くなっていますが、半分は古地図のままとなっていたので易安と判明したのです。ちなみに、巨大なNECのビルからすぐそこです。その気になれば、江戸は至るところに残っているのを確認できます。残そうという方々によって。

※旧源光寺の境内は明治時代の地図「本芝下夕町」という箇所に該当します(図上の長徳寺北西にあたり道路が真ん中を突っ切っている)。一説に「下町」だったものを読み替えたとも言います。東京女子学園高校(東京高等女学校)の裏とも言われますが、その隣の三田NNホールと道路と向かいのこのマンションを含むエリアだと思われます。(この切絵図内にも寺名が確認できます。それほど大きくないことがわかります。寺域も一定していなかった(明治時代にはかなり狭められている)と思われるので、地図上の大きさそのままではなく、移転前にはNNホールまで届かずマンションと道路くらいの大きさだったと想像しています)
b0116271_22345348.jpg
この昭和30年代の地図では運河の先の「江戸最後の浜」芝浜が溜水の横長の船溜まりとして、まだ健在です。


参考にさせていただきました>光福寺の幽霊地蔵


芝浜について(江戸最後の浜辺)

※二本榎通り(ゆうれい地蔵が通った飴屋のあったと思われる商店街と寺町)

聖坂(高輪台ないし三田台)の登りきった左手の亀塚公園周辺が月の岬として知られた海を見下ろす景勝地です。近年作られた台地下へのエレベーター(元和キリシタン遺跡上)が、俗称として月の岬エレベーターと呼ばれているようです。このあたりはflickr等に何度もあげてるので省略。近くの寺にわずかに残る石仏を見ると元禄時代のものがあり、ちょうど忠臣蔵(赤穂事件)の時代ですね。泉岳寺の上にあたります。
※三田台から海を見下ろし二十三夜待ちで賑わった台地から降りる通称「月の岬エレベーター」(ツインビル裏(元ホテル敷地))と元和キリシタン遺跡標柱等(現在練馬区に移転している智福寺境内にあたり、忌み地のような荒れ地だった丘の一角を境内として建ち供養したことから高輪の札ノ辻刑場そばのここが大量の切支丹を家光の代で殉教させた斜面と推定されている。標柱には智福寺の文字があるが昭和30年代のもので既に移転していたと思う。裏は昔は見晴らしの良かったであろう東急マンションで、長らくの大再開発の裏で廃屋になっているが、何らかの工事を始めている模様。そもそも札ノ辻は現在第一京浜から海側に大通りが別れる場所となっているが、もともと海側に車道陸橋などなく踏切だった。その高さと海側のビルに阻まれここ10年でもだいぶんに風情が失われている。)
b0116271_16340180.jpg

アルバム
20170215元和切支丹受難地、月の岬エレベーター、廃墟マンション(工事中)、中学校跡(高輪台の切支丹遺跡の斜面をのぞむ駐車場)

※ようはいわゆる赤穂浪士は四か所(六本木の元毛利下屋敷を除けば全て三田(泉岳寺)周辺)の大名に預けられ、一定期間各藩に処遇を任されたうえでそれぞれの庭で切腹したため散在ということで、こちらはその中心となる大石内蔵助らの史跡になります。浅野内匠頭の切腹は刃傷事件即日しかも武家らしからぬ庭先でのことで、江戸城も近い現在の新橋駅近くに旧田村上屋敷跡、すなわち切腹地の標柱があります(都史跡)。勝手にリンクしてすいませんがこちらにすべて場所が書かれています。>参考

二本榎消防署(2015/7撮影)
b0116271_18422572.jpg

アルバム:
20170122ゆうれい地蔵(高輪/元あった場所(本芝町源光寺)、とろけ地蔵)20170125江戸最後の浜、芝浜跡20170208高輪:聖坂~二本榎(寺町・商店街(菓子屋?)~ゆうれい地蔵)~桂坂(海岸跡)
by r_o_k | 2017-02-09 15:23 | 不思議 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28