鬼婆をたずねて〜安達ケ原と霞ケ城なんかとか

199604米沢・福島

順次古い写真を整理してきます。このときは天気が悪かった。福島と米沢をまわりました。

三春の滝桜。今はピンチみたいだけど日本一にはかわりないよね。

199604米沢・福島

米沢の上杉神社。鷹山像は有名になった。
199604米沢・福島
199604米沢・福島

二本松城、通称「霞ケ城」・・・山形城と勘違いしてた。山の上にあるなかなか風情ある城跡。
199604米沢・福島
樹齢300年の傘松。199604米沢・福島

で、安達ケ原の鬼婆伝説。じつは浅草の浅芽が原の伝説が流れ流れて阿武隈川の近くまできてしまったらしいよ。鬼婆の岩屋笠岩。
199604米沢・福島
笠岩は鬼婆が茅の小屋をたてつけていた場所といい、中には骨肉が累々としていたという。旅人を騙して生きギモをえぐる、その現場というわけだ。旅僧に調伏させられ死んだ婆は都の者であるじの姫君のために薬となる妊婦の生き肝を求めこの地に来たが、ついに迷い込んだ妊婦を惨殺したところ、生き別れの娘の持っていたお守りがその持ち物に。以後気がふれカニバリストになったという。名は岩手。福島なのに。僧は如意輪観音を奉じて一堂をもうけた、それが今、鬼婆遺物をまつっている観世寺である。すなわちここ。観音は小堂に移されて現存してるけど半世紀に一度の開帳。岩屋から出土した人肉処理用と思われる包丁や鍋、鬼婆を埋めた鍬など宝物殿におどろに展示されているがいささか錆び付きけれん味にすぎている。
199604米沢・福島199604米沢・福島
供養石。
199604米沢・福島
化け杉。
199604米沢・福島
199604米沢・福島
安堵石。このあたりは昔はいわば伝説テーマパークだった。包丁やら鍋やらは撮影禁止。明治初期の小さい携帯ガイドにもここは笠岩の精緻なエッチングとともにしっかり載ってます。岩屋に人骨や刃物が散乱していたのは奈良平安という時期には風葬が主流だったことから、この場所もいわゆる地獄という名で呼ばれる特別な場所だったのでしょう。岩屋下に地蔵がいるのが示唆的。

199604米沢・福島
夜泣き石。
199604米沢・福島
199604米沢・福島

199604米沢・福島

寺からやや離れた鬼婆の墓、黒塚。平兼盛の有名な歌碑あり。199604米沢・福島


199604米沢・福島

199604米沢・福島
199604米沢・福島

1996GW


以上
by r_o_k | 2010-05-27 03:06 | 旅行 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30