怪物図録「呼びに来る姥」

b0116271_23584266.jpg


江戸八町堀二丁目のねぢがねや甚兵衛という者、あるとき客と話し込んでいると、六十ばかりの老婆が頭に手ぬぐいを置いた格好で中戸の口にたたずみ、

「いかに甚兵衛、迎えに来たぞ」

ここへ来いと手招きする様子を小間使いたち、顔を見合わせ、

これは何者だ、狂人だろう

と引っ張り追い払おうとしたところ、甚兵衛、急に苦しみだし、

気絶した。

薬や針などしても蘇生かなわず、

夜には死んだ。

あの姥は何者だったのか、後で調べても誰も知らなかったという。延宝五年のこと(新著聞集)

場所と名前と時間が明記されるのが江戸期に確立した「実話怪談」のセオリー。ほんとかどうかはわからない。
by r_o_k | 2010-04-22 10:45 | 怪物図録 | Comments(0)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31