「百鬼夜行」

町人なんだか武家なんだか上級なんだか下級なんだかわからない主人公をいちおう片付けます。
下書きではなく、書きながらコンテとしたもので、いつもの「そのうちいつか」というやつですよ。だからいきあたりばったりですよ。

b0116271_4165027.jpg
b0116271_4171624.jpg
b0116271_417439.jpg
b0116271_418615.jpg
b0116271_4183059.jpg
b0116271_41846100.jpg
b0116271_4191166.jpg
b0116271_4193150.jpg
b0116271_4195887.jpg
b0116271_4202323.jpg
b0116271_4205276.jpg
b0116271_4212293.jpg
b0116271_4214735.jpg
b0116271_422387.jpg

もっと綺麗に描きたかったけどこんなもんかなあ。百鬼夜行なんていつもの調子出せればいいんだけど、時間深すぎ。

ひと段落して落ち着く。ある意味前回更新の禍々しいのを下げられてよかった。

ブログランキング参加してます、ぽちりとぜひ;にほんブログ村 イラストブログ らくがきへ
Commented by kenzjpn at 2009-03-07 01:42
攻殻2.0見た。
CGはともかく、フィルム映画特有の上下に細かくぶれるのは修正されているようだ。
それだけでも2.0は価値があるかな。保存版になったってところだな。
ただしやはりラストのヘリコプターからの狙撃は通常のライフルだなぁ。
ヘルメットがどうみてもヘッドアップディスプレイ対応に見えるのだが、ライフルは通常のものだもんなぁ。
あれは曲射銃に変更してもらいたかった。
通常のライフルでの狙撃だとどう考えても角度から考えたらバトーの腕を吹っ飛ばすだけで素子の首は飛んでかないな。バトーの腕に当たった瞬間に弾丸の向きが変わる。
ほぼ垂直でないと無理だと思うな。
押井さんならそこまで考えると思ったのだけどなぁ。
Commented by 岡林 at 2009-03-07 13:17 x
アメリカでovaが売れたのもずいぶん昔の話になりましたからね、多少の古びた感じは否めないし、絵のタッチとか最近慣れてるCG加工による精緻さに比べればイマイチ粗っぽいし、予算的なものもあるんでしょうが。。

ただ、2.0で見たいかといえばどうかなあ・・・あれは多分あの人の作品の三本の指には入るけど、きほん「新作の人」だと思います。

原作物は原作の描写にも左右されると思うので、狙撃の件はそのへんの意識もあるのか・・・曲射銃というのはそれはそれでいまいちピンとこないんですが。映画的演出、じゃないんでしょうか。。
Commented by kenzjpn at 2009-03-07 20:09
ただ、誘導弾の可能性も否定できないってところはあるけどね。
でないと押井さんともあろうものが、いかに原作がそうであろうともおかしい場所をそのままにしておくとは思えないから。
レーザー照射している別のヘリからの画像がヘルメットに伝わっていて狙っているって設定なら納得だ。
バレットM82の発展型と言う事であれば、近未来だったら誘導も可能かも。
弾がでっかいからね。
Commented by kenzjpn at 2009-03-07 20:26
これはね、押井作品だからこその批評。
他の監督なら俺はこういう細かいことは一切言わない。
Commented by kenzjpn at 2009-03-08 01:14
ところで百鬼夜行とどろろって関連はないのかな?
Commented by r_o_k at 2009-03-08 10:38
メカ音痴なので押井作品における軍やメカへのこだわりの深度は理解できないところもあります(^_^;)

こっちのシリーズは百鬼丸のほうじゃなくて、新撰組と百物語が好きなので二次的に展開しただけです、どろろは記号的な絵柄が本来のえぐさを抜いてしまったのが、水木サンの絵画的な部分を押し出した圧倒的なえぐさに負けていてちょっと残念ですけど、物語的には完璧、凄いなあ。。
by r_o_k | 2009-03-06 04:23 | <風流>怪奇漫画落之書 | Comments(6)

岡林リョウ☆フツーのつれづれをフツーに書きたいという変な欲望が囁きました。


by ryookabayashi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31